CORE’SからBoXへのジムリニューアルに伴うお知らせ

NEWS

June 1st 2024

お客様各位

 

平素より、当ジムをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、私たちのジムの名称を「CORE’S (コアズ)」から「BoX(ボックス)」に変更し、併せてサービスの価格体系を見直すこととなりましたので、お知らせいたします。新しい価格体系は、2024年7月1日より適用されます。

 

今回の価格改定と施設のアップデートは、お客様により高品質なサービスを提供し続けるため、また、運営の安定を図るために必要な措置でございます。以下に、主な変更点をお知らせいたします。

 


◼︎会員について

当ジム「BoX」では、皆様の多様なニーズに応えるために、ビジター制度と会員制度を導入しております。以下に、それぞれの制度についてご説明いたします。

 

<ビジター制度>

ビジター制度は、年会費を支払うことなく、必要な時にご利用いただける制度です。ビジター料金でお気軽にご利用いただけますので、短期間のご利用やお試しの方に最適です。ビジターとしてご利用いただく際には、現金でのお支払いが可能です。

 

<会員制度>

会員制度では、年間を通じてお得にご利用いただけるよう、年会費36,000円(月会費3,000円)を設定しております。会員様は、購入ポイントに応じてポイントを消費するスタイルでセッションを受けることができます。この制度により、定期的にトレーニングを行いたい方や、長期的にご利用いただく方にお得なプランとなっております。お支払いは月毎に予約システムを通して、ご登録いただいた情報に基づき決済されます。

 


◼︎価格・支払いについて

ビジターの方は現金、ポイントで都度支払いが可能です。
会員の方は原則、予約システム内でポイント(1pt = 1円(税抜))を購入いただき、そのポイントを使用してセッションを購入していただく流れとなります。
ポイントを購入いただく際に、購入時の金額に応じてポイントを付与させていただきますので、現金での購入よりもお得に利用できる仕組みとなっております。
ポイントの購入は月々固定のポイント数を自動購入する、サブスクリプション方式と、都度利用する分だけのポイントをご購入いただく方式からご選択可能です。

 

2024年7月1日時点のセッション料金(ビジター向け)
・ハイレベル:10,000pt (10,000円)
・エキスパート:13,000pt(13,000円)

 

2024年7月1日時点のセッション料金(会員向け)
・ハイレベル:7,000pt
・エキスパート:10,000pt


◼︎設備のアップデートについて

お客様に、より快適な環境でトレーニングをしていただけるよう、以下の設備を新たに導入いたしました。

・ランニングマシン
・ウォールクライミング
・うんてい
・マシンピラティス
・ボクシングリング
・各種トレーニング機材の入れ替え
・シャワールーム

 


◼︎予約システムについて

2024年6月20日より、従来のハコモノから、弊社開発の予約システムに変更いたします。
操作方法のマニュアルは事前に下記リンクからご覧いただけます。

 

・2024年6月13日に、予約サイトのアドレスを告知し、ログイン等が可能になります。
・2024年6月20日に、予約サイトで予約が取れるようになります。

 

予約システムのご案内はこちら

 


お客様にはご不便をおかけすることとなり、誠に申し訳ございませんが、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

お客様のフィードバックを大切にし、より良いサービスを提供するために努力してまいります。ご不明な点やご質問がございましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

 

これからも皆様の健康と成長をサポートするために、全力を尽くしてまいります。

何卒、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

敬具

 


◼︎FAQ

ペアトレは復活するのでしょうか?

→ はい、復活いたします。エキスパートのセッション料金での利用が可能です。

 

年会費は必須なのか?

→ ビジター料金での利用が可能です。

 

トレーナー不在の間の自由利用はあるのか?

→ 安全上の問題で現状実施はありません。

 


関連資料

 

BoX会員規約
BoX細則(キャンセルポリシーはこちら)

 


更新情報

 

(2024年6月4日) 予約システムのリリース時期について追記いたしました。
(2024年6月7日) 会員規約と細則(キャンセルポリシーなど)について追記いたしました。
(2024年6月7日) ポイントの購入方法について追記いたしました。
(2024年6月7日) 年会費(月会費)の支払いサイクルについて追記いたしました。

CHALLENGE LIST